更新情報(2019年11月15日

<インフルエンザ予防接種予約に関するお知らせ

本日ワクチン入荷の連絡がありましたので、ご予約を再開いたしました。

最新の予約状況は、こちらのHPまたはお電話にてご確認ください。


<インフルエンザ予防接種について>

令和元年度10月1日よりインフルエンザ予防接種を開始します。

接種料金は、1回3,800円(税込み)です。当院で1回目接種し13歳未満の2回目は、3,300円(税込み)です。

当院では、未就学児杉並区子育て応援券(こちら、及び杉並区プレミアム付商品券(こちらをご利用いただけます。
65歳以上の杉並区助成対象者(こちらの接種料金は、1回2,500円(税込み)です。
東京都人材支援事業団インフルエンザ予防接種利用助成をご利用の場合は、1回2,000円(税込み)です。

インフルエンザ予防接種概要と予診票のダウンロードはこちらをご覧下さい。

昨年と一昨年の11月中旬〜12月にかけては、全国的に突然のワクチン供給不足や入荷困難となり、予約中止や接種延期という状況となってしまいました。お早めにお申し込み下さい。


<10月1日〜消費税増税に伴う主な対応について>

当院で販売しているサプリメントは、軽減税率の対象品(消費税8%)であり価格は据え置きとなります。健康保険以外の自由診療(任意の予防接種、健診、診断書など)は、標準税率(消費税10%)の対象となります。
また、にんにく注射、プラセンタ、美肌美白注射に関しては、価格据え置きといたします。


杉並区プレミアム付商品券取扱>

杉並区は、消費税率引き上げによる消費への影響の緩和と区内消費喚起を図るため、令和元年10月1日から令和2年3月31日まで使用できる「杉並区プレミアム付商品券」を販売します。当院は、その商品券をインフルエンザ予防接種としてご利用いただけます。


<杉並区健診・肺がん検診について> 現在、お電話にて予約受付中です。

 <杉並区健診>

     4月~9月生まれ:7月16日~10月31日まで

 10月~3月生まれ:9月1日~2月29日まで

     受診券の発送は、前期・後期分けずに7月8日頃に全員一斉に発送されました。
     今まで通り、7月16日~2月29日までの期間であれば、時期をずれて受診しても構いません。

 <がん検診>

  今年に限りすべてが'7月16日〜2月29日までです。

  詳細ついては、杉並区健診はこちら、がん検診はこちらをご覧下さい。

<風しん抗体検査と予防接種に関するお知らせ>

2019年1月7日に杉並区が、風しん抗体検査と予防接種助成に関する改訂内容を発表しました。(こちら
2019年2月1日に厚労省が、風しんの追加的対策の概要(こちら)と実施方法(こちら)について発表しました。
1962(昭和 37) 年4月2日~1979(昭和 54 )年4月1日生まれの男性については、予防接種法に基づく風しん第5期定期予防接種の対象となります。

<2019年度高齢者肺炎球菌ワクチンの定期接種について>

対象の方は、65、70、75、80、85、90,95,100歳、100歳以上の方、および60~64歳の方で心臓・腎臓・呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に障害を有する身体障害者手帳1級相当の方です。また、費用助成を受けている、受けていないに関わらず、初めて接種する方のみとなります。2019年4/1~2020年3/31までに接種してください。



RSウイルス感染症流行について

RSウイルス感染症が流行しています。乳幼児に重篤な呼吸器感染症を起こすことが最も多いウイルスです。RSウイルス感染症は、最初の一年間で50〜70%以上の乳児が罹患し、3歳までにすべての子どもが抗体を獲得するといわれています。 
2〜8日の潜伏期の後、大人や年長児が感染した場合、発熱、鼻水などの上気道炎症状でおさまります。赤ちゃんが感染した場合も発熱、鼻水、せきなどの普通のかぜの症状だけのこともありますが、その後咳がひどくなる、喘鳴がでる、呼吸困難となるなどの症状がでて、場合によっては細気管支炎、肺炎になることがあります。抗ウイルス薬などの特効薬はなく、対症療法のみです。


麻しんや風しんが疑われ、当院受診希望の患者様へお願い

発疹と高熱などの症状がみられ、麻しんや風しんが疑われる患者様は、来院前に先ずお電話(03-5355-3535)ください。


風しん流行に関する情報(2019年4月2日)

国立感染症研究所は4月2日、今年の風しん累計患者報告数は1033人となったと発表しました。計1万5千人以上の患者が出た2012~13年の大流行と増加の仕方が似ており、専門家は「今後流行が拡大する恐れがある」としてワクチン接種を呼び掛けています。都道府県別では、東京が309人で最も多くなっています。2019年度は自治体から40~47歳の男性に、風疹への免疫の有無を調べる検査を無料で受けられる受診券が送られる予定です。

麻しん流行に関する情報
2019年の麻しんの患者報告数が300人を超えたことが3月19日、国立感染症研究所がまとめた患者報告で発表しました。過去10年間で最も多かった2009年を上回るペースで増えています。同研究所によると、年齢別では、20歳代と30歳代が全体の半数を占めています。
麻しん抗体価の低い方は、MR(麻しん風しん)ワクチン接種をおすすめします。


お茶の効果についてご紹介(2018.8.15)
お茶に含まれる栄養素は、ビタミンE、βカロテン、ビタミンK、茶カテキン、γアミノ酪酸(ギャバ)、カフェイン、フラボノール、テアニンなどがあり、抗酸化作用、抗菌・抗ウイルス作用、発がん抑止作用、利尿作用、疲労回復作用、骨密度維持作用がよく知られています。また煎茶より抹茶に多く含まれるテアニンは、認知機能改善、集中力の向上効果もあることがわかっています。緑茶を毎日飲む人は、全く飲まない人と比較し認知症リスクが74%も低く、軽度認知機能障害になるリスクも68%低いという報告(PLOS ONE May 2014: Volume9: Issue5)もあります。


帯状疱疹の任意予防接種を行っています(2018.2.15)   対象年齢は50歳以上の方です。

アクセス

京王井の頭線 永福町駅 徒歩1分

所在地
〒168-0063
東京都杉並区和泉3丁目6-2 プラムビル1F
TEL 03-5355-3535 / FAX 03-5355-3550

近隣駐車場のご案内 

専用駐車場はございません。
当院、明大前方面1つ目の交差点左に入ってすぐにコインパーキングがあります。 


診療時間

時間
9:00~13:00●※
15:00~19:00

休診日:水・日・祝日  ※土曜14:00まで

診療案内

内科
小児科
健康診断
予防接種
禁煙外来
アンチエイジング
にんにく注射
プラセンタ+美肌美白注射
サプリメント
杉並区予防接種
杉並区医師会
杉並区  救急医療

ここに文章を入力してください