更新情報(2020年3月30

<患者様へのお願い

・院内は、定時間的に消毒を行い、常に良好な院内換気に努めております。
・すべての患者様に、来院した際の体温を測定していただいております。
・来院時のマスク着用をお願いしております。
・当院は帰国者・接触者外来を有しておらず、新型コロナウイルス感染疑い例は診療対象外となります。
・PCR検査などは実施しておりません。
・発熱などのかぜ症状の患者様は、4日間の自宅療養をお願いしております。
・必要に応じて下記帰国者・接触者電話相談センターにご連絡しご相談ください。

かかりつけの患者様へ:
・かかりつけの患者様におかれましては、最短時間での対応や診察を行い処方せんをお渡ししております。
・外出自粛のため当院通院中の患者様におきましては、電話再診後に処方せんを発行し近隣薬局へのFAXによる処方依頼も行っております。

<お知らせ>

X線照射低線量の最新レントゲン撮影装置を導入しました。(2020/3/23)

同時に最新最速の画像診断システムにリニューアルいたしました。

患者様の日常生活での注意点(東京都医師会感染症危機管理対策協議会)
不要不急の外出は控え、特に閉鎖空間で多数の人と緊密・長時間の接触は避けてください。
・外出後は石けんを用いて隔日に手洗いをしてください。咳やくしゃみがある場合はマスクの着用が大切。
・軽い感冒様症状の場合は自宅で安静・休養し、会社・学校は休んでください。
・喫煙は重症化リスクを上げるので、禁煙は大切です。
・多くの不正確な情報が氾濫しています。厚労省や東京都のHP等から信頼度高い情報を取得してください。

新型コロナウイルス感染症疑いの場合は、以下に連絡しご相談下さい。

平日9:0017:00 :杉並区「帰国者・接触者電話相談センター」 TEL:03-3391-1299

平日17:00~翌9:00 及び 土日祝日の終日:都区合同「帰国者・接触者電話相談センター」TEL:03-5320-4592

相談・受診前に心がけていただきたいこと

▽発熱などのかぜ症状が見られるときは、先ず自宅療養(学校や会社を休み外出を控える)。
発熱などのかぜ症状が見られたら、
毎日体温を測定して記録しておく。
帰国者・接触者相談センターに相談する目安:
かぜの症状や37度5分以上の発熱が4日以上続いている人(解熱剤を飲み続けなければならない人も同様)
強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある人
尚、以下の方は重症化しやすいため、この状態が2日程度続く場合
高齢者
糖尿病・心疾患や心不全・呼吸器疾患の持病がある人や透析を受けている人
免疫抑制剤や抗がん剤などの投与を受けている人
(妊婦の方)
妊婦の方については、念のため、重症化しやすい人と同様に、早めに相談

新型コロナウイルスに係る厚生労働省電話相談窓口(コールセンター):03-3595-2285 

杉並区HPによる新型コロナウイルス感染に関する情報はこちら


<風しん抗体検査と予防接種に関するお知らせ>

2019年1月7日に杉並区が、風しん抗体検査と予防接種助成に関する改訂内容を発表しました。(こちら
2019年2月1日に厚労省が、風しんの追加的対策の概要(こちら)と実施方法(こちら)について発表しました。
1962(昭和 37) 年4月2日~1979(昭和 54 )年4月1日生まれの男性については、予防接種法に基づく風しん第5期定期予防接種の対象となります。

<2019年度高齢者肺炎球菌ワクチンの定期接種について>

対象の方は、65、70、75、80、85、90,95,100歳、100歳以上の方、および60~64歳の方で心臓・腎臓・呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に障害を有する身体障害者手帳1級相当の方です。また、費用助成を受けている、受けていないに関わらず、初めて接種する方のみとなります。2019年4/1~2020年3/31までに接種してください。


風しん流行に関する情報

国立感染症研究所は2019年4月2日、今年の風しん累計患者報告数は1033人となったと発表しました。計1万5千人以上の患者が出た2012~13年の大流行と増加の仕方が似ており、専門家は「今後流行が拡大する恐れがある」としてワクチン接種を呼び掛けています。都道府県別では、東京が309人で最も多くなっています。2019年度は自治体から40~47歳の男性に、風疹への免疫の有無を調べる検査を無料で受けられる受診券が送られる予定です。

麻しん流行に関する情報
2019年の麻しんの患者報告数が300人を超えたことが3月19日、国立感染症研究所がまとめた患者報告で発表しました。過去10年間で最も多かった2009年を上回るペースで増えています。同研究所によると、年齢別では、20歳代と30歳代が全体の半数を占めています。
麻しん抗体価の低い方は、MR(麻しん風しん)ワクチン接種をおすすめします。

麻しんや風しんが疑われ、当院受診希望の患者様へお願い

発疹と高熱などの症状がみられ、麻しんや風しんが疑われる患者様は、来院前に先ずお電話(03-5355-3535)ください


帯状疱疹の任意予防接種を行っています(2018.2.15)   対象年齢は50歳以上の方です。

アクセス

京王井の頭線 永福町駅 徒歩1分

所在地
〒168-0063
東京都杉並区和泉3丁目6-2 プラムビル1F
TEL 03-5355-3535 / FAX 03-5355-3550

近隣駐車場のご案内 

専用駐車場はございません。
当院、明大前方面1つ目の交差点左に入ってすぐにコインパーキングがあります。 


診療時間

時間
9:00~13:00●※
15:00~19:00

休診日:水・日・祝日  ※土曜14:00まで

診療案内

内科
小児科
健康診断
予防接種
禁煙外来
アンチエイジング
にんにく注射
プラセンタ+美肌美白注射
サプリメント
杉並区予防接種
杉並区医師会
杉並区  救急医療

ここに文章を入力してください